2008年 06月 02日

難しそうな本ね




f0165540_2246571.jpg




機内にて。
読書灯のひかりのしたで。

難しそう。
しかし、意外とこうやって小さな容量の写真で撮っても
内容がわかるものなのね。
この本は、この文章からすると
翻訳ですね。
元は英語なのかしらね。
[PR]

# by g2shanghai | 2008-06-02 22:48 | 飛行機
2008年 06月 02日

食後の読書




f0165540_22245118.jpg




食べたあとのトレイを見て
「早く片づけてくれないと、本が読めない」
といっていたけれど
結局、彼は
片づけを待たずに読み始めました。

分厚い本を
片手で支えて読むのは感心します。
難しそうな本です。
勉強家なんだと思う。

こういう種類の本をわたしはいまだかつて
読んだことがありません。
ビジネスの本、実用書。

わたしもいつか読むのかなあ。
わたしが会社員としてやる気を出してしまい
読むようになったら、それはそれで面白い気がします。
(というか、ほんとうは今の状態でだって
 読めば仕事の役に立つ本
 仕事のために読むべき本はあり
 買ったりもしてはみたのですが
 悲しくてとてもそんな気になれない!
 仕事とかどうでもいい!というのが
 正直な気持ちです。
 今やっている仕事が自分のすべきことだとは、とうてい思えず
 誰か他の人に代わってほしいです。)

こういうのではなく、
違うジャンルの違う種類の本を
仕事のために読むような
そういう必要のある仕事につけるほうがいいな、
と思いました。

たとえばもし整体師やマッサージ師になったら
整体やマッサージの本を読むだろうと思います。

だってこれまで整体師だったことはないけれど、
読んだことはあるから
仕事になったら当然、読むだろうと思う。

ということは、やはり、そういう、
自分の興味のあるような領域で
仕事を探すべきなのですね。

今の仕事では、何一つ
上達したり
うまくいくようになる気がせず、
毎月お金はもらっているけれど
自分の自信というか、
自信と呼ぶほどのものはもともとないのですが
フラットに自分を好きでいられる度合みたいなものが
どんどん低下していって

自分のからだのこともどんどんどうでもよくなるし

家族や妹や友だちに対する優しさも
どんどん低下していくのが如実に感じられるし
苦しいです。

自暴自棄という言葉があるけれど
「自」だけじゃなくて、
全方位的に「暴」で「棄」な感じになっていくのです。
仕事は、せめて、いくらでも時間をかけられて
納得がいくようにできたらいいと思うんだけれど
時間はそれを許さないし
わたしの能力とか処理速度とかも追いつかないのです。
(つまり、仕事の内容がいまのままだとしても
 仕事のやり方のほうをせめて変えられたら、と思うわけです。)

この項は、ぜんぜん旅行記ではなくなってしまいましたが
わたしがビジネス書というものを見るたびに(読むたびではなく、
その物体を目にしたり、それを読む人を見たりするたびに)
感じていたプレッシャーみたいなものを明らかにできたので
(自分でも自覚していなかった)
よしとします。

というわけで、この項終わり。
[PR]

# by g2shanghai | 2008-06-02 22:48 | 飛行機
2008年 06月 02日

このままでは




このままでは
いつまでたっても
旅行について
綴り終わらない気がしました。
だって撮った写真は
いろいろ消去した結果として
四日間で千枚超あるので
いちいち
こうやって
書いていては
彼の誕生日まではおろか
いつまでたっても
終わらないのではないでしょうか。
[PR]

# by g2shanghai | 2008-06-02 22:23 | その他、旅の案内
2008年 06月 02日

コーヒーフレッシュ




f0165540_22203334.jpg




この、コーヒーに入れる
植物油脂でできたミルク風の液体
コーヒーフレッシュとか
コーヒーメイトというけれど
これらは商標名なのかな。
商標っぽい。
ではほんとうは
なんと呼べばよいのかしら。

コーヒーメイトというのは
珈琲朋友
と中国では書かれていて
朋友はともだち、という意味だから
そのままだなぁ、と思った。

ちなみにこの写真は
全日空商事の会社の住所が
わたしの勤め先とほとんど同じだったため
少し驚いて撮ったのです。
[PR]

# by g2shanghai | 2008-06-02 22:19 | 飲み物
2008年 06月 02日

ブログのURLについて




g2shanghaiですが
go to Shanghai
という意味でつけました。
[PR]

# by g2shanghai | 2008-06-02 22:14 | その他、旅の案内
2008年 06月 02日

Coffee or tea?




f0165540_223963.jpg




"Tea or coffee?"
と訊かれました。

思い出してみるまで、気づかなかったけれど
なんとなくですが
"Coffee or tea?"
のほうが耳なじみがある気がします。
この路線では
tea を所望する人が多くて tea のほうが先になったのかな。
と想像しました。

コーヒーを頼んだ同行の彼は
ひとくち口に含んで
「まずい!」
といっていました。
「どうしてこんなにまずいの」
というくらい、まずかったみたい。
やはりコーヒーは人気がなくて
手が抜かれているのでしょうか。これも想像ですが。

コーヒーを飲まないわたしが
お茶、と答えると
"English tea or green tea?"
と訊かれました。
日本ー上海 路線だと
green tea と答える人の方が多そうだけれど、
これは green tea を先にすると、いいにくそう。


こんなことは飛行機の中で考えたのではなくて
いま、そういえばと思い出して考えたことです。
[PR]

# by g2shanghai | 2008-06-02 22:08 | 飲み物
2008年 06月 02日

機内食 シーフードバジル




f0165540_2159459.jpg




シーフードバジル。
たしか、一緒にいった人の嫌いな
ブロッコリーが入っていたと思います。
結構濃い味つけのどろっとした熱々の食べ物でした。

バジルは妹が育てています。
便利な植物です。
おいしいし。
お弁当に入れたりしても、
緑が色あせないし。
ただ、土を家の中に持ち込むと
どうしても虫がわいたりするので
それが面倒みたい。
[PR]

# by g2shanghai | 2008-06-02 22:06 | 食べ物
2008年 06月 02日

機内食は好きですか(スパークリングワインについて)




f0165540_21425643.jpg




わたしは機内食の
この、
小さな四角いトレイの上に
すべての要素が詰め込まれているところが
とてもすきです。

モザイク画のような
箱根寄木細工のような感じで、
おいしいというわけではないのだけれど
お弁当と同じような楽しさ。

小宇宙だなあと思います。
龍安寺石庭とか
お正月の、お重を開けるとぎっしり詰まっているお節料理を思い出します。

でも一緒にいった人は
「機内食はきらい」
「機内食はなるべく食べずに
 現地のものを食べたい」
といっていました。
でもちゃんと食べていましたね。

スパークリングワインを飲みました。

このとき聞いたのではありませんが
一緒にいった人は
スパークリングワインが好きなんだそうです。
そういえば、頼んでいるところをよく見たことがある気がします。
いわれるまで気がつかなかった。
あまり外食しないし。

どちらが好きかと訊かれたら(訊かれた)
普通のワインのほうが好きだけど、
相手と同じものを飲むのが好きだし
お腹が空いているときにさらさら入ってくるスパークリングワインも好きなので
一杯目にスパークリングワインというのは
いいと思いました。

ところでこのとき
旅行ということで興奮し、緊張していたわたしは
スパークリングワイン、
びりびり痺れました。
お酒なんてやめておけばよかった、
と少し後悔しました。

ちびちび、のろのろ飲んでいると
まだ途中だったのに
アテンダントに下げられてしまいました。
[PR]

# by g2shanghai | 2008-06-02 21:46 | 飲み物
2008年 06月 02日

はじめに




2008年4月の終わりに
上海へ旅行しました。

このブログは、
一緒にいった人への誕生日プレゼントとして
その記録をまとめて
差し上げたいと思って
書きはじめるものです。

ちなみに書きはじめの今日
わたしは会社をお休みしました。
調子が悪いのです、この頃。
(一日たくさん眠ったので、よいのですが、
 べつに何も解決はしていないので、悲しい気分です)

このブログのアカウントそのものは、旅行から帰ってすぐに取って
写真もすべて8Mで撮ったものを小さくしたり
少しずつ準備して参りました。

きっとお誕生日までには完成しないと思いますが
よい旅行の振り返りになるとよいなと思って
綴りはじめます。
[PR]

# by g2shanghai | 2008-06-02 21:30 | その他、旅の案内